<< ★リンク★開業します★ | main | 3月4日サンデーライド☆ >>

梅花駅伝のひとこま

今日も訪問ありがとうございます
皆様、お元気でいらっしゃいますか??

梅花駅伝の応援にいってきました!

★梅花駅伝★
http://www.vill-tenryu.jp/baikaekiden2012.htm

スタート前 

 ↑キメッ☆
信毎のゆるきゃら「なーのちゃん」
カメラを見つけると、すかさずポーズ☆(笑)

この写真をとる前には、お兄さんに写真をとってくれと脚立をグラグラ(笑)

ゆるきゃらなだけに、ゆる〜い動きと思いきや、キメポーズを
するときの動きが機敏!!!
股下30センチくらいなのに走るのが速い!




スタート直後

落ち着いて写真を撮ったときには集団ははるか彼方へ・・・。
早すぎてI―WAVEチームの人がどこにいたかわかりませんっ(汗)
レースはここからだけど、自分の仕事がすでにおわったような気持ちです


自転車競技の場合は、スタートしてからも一定区間パレード走行を
する場合が多いですが、安全以外に「ファンサービス」「魅せる」
という意味で理にかなってるなぁと思いました。あ、前にも書いたかもです。
観客の気持ちとしては選手がすぐ行っちゃって寂しいっ><

ちなみに、ローリングスタートっていうのは、
最初にスタートしてから、すぐ競争は始めず
一定区間は集団でまとまって走って、
その後、正式スタートするスタート方法です。
サイクルスポーツだけではなくモータースポーツでもあるみたいですね!




レース中

3区ー4区と5区ー6区の中継点です。(中電・ダム湖前)
I-WAVEチームの皆さんを応援してます。
それにしても真剣に走る姿はカッコイイです!!!

レース中は自動車と同様左側通行で
タスキの受け渡しも、センターラインの左側を規制して行ってますが、
反対の右側は規制をしていないので、自動車が流れてます。

タスキをつないだあとに倒れこむ選手もいるので、
意識が朦朧としてしまい右側にいったら・・・と考えると
危ないような気がしますが、
タスキの受け渡しも道路の使用も長時間にわたるし、
村の幹線道路なので交通規制の方法が難しいですね〜。
中継点のエリアだけセイフティコーンじゃなくて簡易な
バリケード使うはどうなんですかね?


レース中の催し

桜丘高校(愛知県)の皆さんが
太鼓の演奏にきてくださっていました!

レース以外の催しものは、
観客を(選手も走る)このエリアに立ち止まらせる
ための重要な要素ですよね☆
スタート地点でも、おなじみのトン汁(無料配布)とか
天龍中学校の生徒のみんなが
手作りのお茶チョコ、クッキーなど販売しています。

私がいた頃の中学生時代は「走る」という参加方法しかなかったけど、
こうして特産物を使ってグッズを販売することも面白い参加方法ですね。
ってかいいアイディアだなぁ〜!天龍村PRできるし。


以上梅花駅伝のプチレポートでした★


| IIDA WAVE | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://cycling.iidawave.org/trackback/145

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
アクセス解析コード
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM