<< タイム差のはかりかた(伏線) | main | 風越高校自転車同好会 >>

タイム計測作業の裏側

ロードレースの審判をしてないとわかりずらい内容です。

タイム差のはかり方(伏線)
を見てから読んでネ!

で、困ったことって?


 
かつて、

わかりにくい目標物 を設定して、レース情報をこじらせたことがしばしばありました。

だって、山道だと看板すらないんだもの!


本来なら、

橋、距離看板、郵便局、神社など

わかりやすい建物・看板などを 目標物にします。



苦し紛れに、

「左手にある!」
とか、

「右側にいる和服の人!」

とか使ってました。



家って・・・。
あと、人とか車とか動くのでだめなパターンです。



名前わかんなくて、困ったこともありました。


これとか、



これとか、



こたえ:上の写真: 洞門(どうもん)、下の写真: ロール




・・・ていうか、

追い上げて止まって測ればいいんだけどね!


 
| 全国のレース | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://cycling.iidawave.org/trackback/213

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
アクセス解析コード
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM