<< ありがとう!120キロリレーマラソン報告会 | main | 震災に関して >>

le TOUR DE LANGKAWI

マレーシアで開催されたツールドランカウイに参加してきましたので
その様子をお伝えしたいと思います。

ツール・ド・ランカウイ
・・・1月23日から2月1日まで開催。10日間のステージレース
大会の規模、スタッフの人数、選手のレベル、コミッセールのレベル、
何もかもが桁違いに大きかったです。
簡単に言うとアジアで開催される、ミニ・ツールドフランスです。

ランカウイのワシ
ランカウイ島(ラン=ワシ、カウイ=大理石)
のダッタラン広場スタートです。

stage2スタート
スタートの様子(stage2)

白バイ
白バイが100台くらいでて、先導と道路の封鎖をして
くれます。
その結果がこれ↓
高速道路を走るコース
高速道路なのに車が一台もない。
私達が通るときだけ、道路を封鎖し、
コースをとめてくれます。
(反対側は車がバンバン走ってます。)


SprintPoint
わたしの仕事は、モトジャッジで、スプリントポイントや山岳ポイントで
選手の順位を判定します。
集団で来ちゃうと読みきれないので、ビデオでもバックアップをとります。
しかも、中間ポイントはレース中に3〜5回ありすべてを判定します。
これが終わったら、戦場のようなチームカー・選手の集団を追い抜き
次のポイントに通過しなくてはいけないので、ゆっくりしていられない。

子供たち
ちなみに、スプリントが設定されているところは学校の前や
人通りの多い町の前に設定されていることが多く
このように地元の皆さんが応援しにきてくれたりします。
写真は地元の小学生?中学生?
みんな人懐っこくて、私が日本人と聞くと日本語で
『konnichiha』といってくれたりします。

ゴールの瞬間
ゴールの瞬間
宮澤選手がステージ3位!
この日は、長野県出身で今はファルネーゼヴィーニネーリ
というイタリアのチームに所属している宮澤隆史さんが3位でゴールしました!

スタッフ
マレーシアの審判、オーストラリアの審判、
いろんな人がきてます!!!


ちなみに、日本からは
愛三工業レーシングというチームが参加していたほか、
海外のチームに所属している日本人選手4名が参加していました。
大会の様子は『ツールドランカウイ』で検索してみてくださいネ☆


| 海外のレース | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://cycling.iidawave.org/trackback/89

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
アクセス解析コード
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM